減菌に関する情報が満載!


減菌しすぎには注意しよう

菌といえば、納豆やヨーグルトを思い浮かべると思います。
実際それらには名称は違いますが、菌はいます。
このように生活に菌は意外と関わり合いがあります。
キレイ好きな方なら、菌といえばばい菌になるかもしれません。
ばい菌は汚いものだから減菌、となるかもしれませんが、実は減菌のし過ぎは良くないのはご存知でしょうか。
なぜなら体内の免疫細胞が、菌と戦う機会をなくす事になるからです。
それの何が問題なの、と思われるかもしれませんが菌と戦う機会をなくすという事は、体外から入ってきた有益な菌までも攻撃する可能性があるのです。
なぜそうなるかというと、免疫細胞が戦い慣れていないからです。
そのため免疫細胞が原因は不明ですが異常を起こし、善か悪かを判断せず菌ならば無条件で攻撃するようになるのです。
症状としては子供の食物アレルギーの原因がこれだといわれています。
近年の子供達は今の大人よりキレイな環境で過ごす事が多く、先程のケースにあてはまります。
ただ全ての子供がこのようなケースになる訳ではありません。
今後の研究の成果に期待しましょう。
減菌のデメリットは理解していただけたと思いますが、かといって減菌をまったくせずに過ごしたら、風邪をひいたり食中毒になるなどの問題になります。
つまり減菌はほどほどにするのがベストです。
多少は汚れた環境で過ごし、体内の免疫細胞にがんばってもらいましょう。

減菌とはどういう状態でしょうか

減菌と似た言葉に滅菌があります。
漢字もそっくりです。
しかし、このふたつの言葉は厳密に言うと違います。
滅菌の「滅」は全滅という意味です。
つまり、そこにある微生物をすべて滅し去った状態です。
これは、人体では現実的には不可能です。
もし手を滅菌しようとしたら、手の細胞そのものを殺してしまうことになります。
そのため、この言葉は器具などに対してのみ使うことができます。
薬剤だけでは難しいため、物理的な高温高圧下で微生物を死滅させます。
それに対して、減菌は微生物の量を減少させるという意味です。
薬剤を用いて物体や生体に付着している菌の量を減らします。
殺菌や消毒という言葉と似ています。
殺菌は、「菌を殺す」ということです。
菌だけでなく、ウイルスや真菌類も含めた微生物を、薬剤を用いてある一定量以下まで減らします。
消毒は、「毒を消す」ということです。
病原性微生物を除去することによって、それらの毒性や感染力を失わせます。
これらは薬事法で使われる言葉であり、いっしょにして「殺菌消毒」といわれることもあります。
減菌はこれらを施すこと、あるいは施した状態です。
それによって感染の危険度を低下させ、人体の持つ免疫力によって感染を防ぐのです。

recommend

お洒落なモーニングで結婚式を向かえましょ

モーニング レンタル

自然な見た目の医療用かつらを販売しています

医療用かつら 販売

足立区で中古物件のリノベーション工事を行っています

中古物件 リノベーション 足立区

色々なメニューがあるネイルサロンです。

ネイルサロン 蒲田

2018/11/7 更新

Copyright (C)2015 滅!菌の温床 .All Right Reserved.